借金問題に強い法律事務所の評判をあつめました!

借金問題に強い法律事務所の評判をあつめました!

2年程付き合った彼女と恋愛結婚した私は、都内に夢のマイホームを購入たのは20年も前の話です。しかし、新婚生活は長く続かず、1年も経たないうちに離婚届だけを残して妻は出て行ってしまったのです。
絶望の淵にいた当時の私にまたしても不幸が舞いこんできたのです。それは、糖尿病という病の発症でした。

 

マイホームは妻の所得も見込んで借り入れしていたので、すぐに手放すことになったのですが、家を売っても不足分が出てしまいいくらか借金が残る形となってしまいました。
今では債務整理という言葉をCMなどでよく耳にしますが、当時の私には理解できないものでした。
実際に長期返済が必要なローンを組んだのですが、仕事も順調でこわいものなど何もない状態でしたので、このような未来が来るなんて全く想像できませんでした。
糖尿病によって半年間の入院を余儀なくされた私は、若かったこともありたくさんの検査を受け、膨大な検査費がかかりました。
私の実家は貧しく、親戚も裕福な人はいなかったので誰に頼ることもできず、入院中も少ない貯金と借金でしのぎ暮らしました。
退院後もしばらくは辛い日々でした。
定職にも就けずその日を暮していくのにやっとで、借金返済のための借金も重ね、路上生活も経験しました。
そんな生活を何年も続けたある日、債務整理という広告を目にして駄目もとで弁護士事務所を尋ねてみました。
担当の弁護士さんは、書類を調べたり金融機関に掛け合ったり本当に親身になって対応して下さりました。
そのおかげで債務整理も終わり、債務がなくなったのです。
本当に短期間の出来事でしたが、弁護士さんには感謝してもしきれません。
現在私はスーパーで準社員という扱いで、常用勤務者として働かせてもらっています。
債務整理のおかげで借金のない生活が送れるようになりました。
今では自分でアパートを借りて生活することができています。
車はありませんが、携帯電話を買うことができ何不自由のない生活が送れています。
今となっては良い思い出ですが、二度とあの生活には戻りたくないと思います

 

自己破産

私は毎日のようにかかってくる携帯電話の声に参ってしまい、弁護士さんのサポートの下自己破産をしました。
今まで目にしたことのないような金額の借金が自分に襲いかかってきた時は本当に恐くてどうしたらいいのか分かりませんでしたが、
弁護士さんの優しい対応で自己破産をして解決することができました。
終わってみれば、なんということもありませんでしたが、当時は怖くて眠れない日々を過ごしていました。

 

父の死が恐怖の始まりでした。
そんな私が法律事務所を訪ねたのは1年ほど前のことです。
債権者からの取り立てが怖く、その上納得のいかない債務だったので何か方法はないかと考え訪問しました。
法律事務所を訪ねる半年ほど前、実は元気だった父が急に他界し、慌ただしく葬儀を済ませました。そんな慌ただしい日々が終わり日常が戻ったある日のことでした。私の携帯に債権者を名乗る男から催促の電話がかかってきたのです。はじめは詐欺かと思い無視していましたが、詳しく話を聞いてみると父が残した多額の借金があることが分かりました。
父の相続人は母と私だったのですが、母は老人ホームに入っているので私のところに取り立てが来たというのです。
父はそれほど財産もなく相続放棄をしようと思えばできたのですが、まさか借金があるなんて考えず、相続放棄はしませんでした。
私は法律に無知なので、亡くなったことを知った相続人が3ヵ月の間に相続放棄をすれば支払う義務はなかったのですが、それを知らずに手続きをしませんでした。
後になって、債権者が父が他界した後3ヵ月の間一切連絡をしてこなかったからくりを弁護士さんから聞き大変悔しい思いをしました。
弁護士さんには自己破産を勧められましたが、抵抗がありなかなか決断できませんでした。しかし、自己破産が一番良い方法だと徐々に感じ、自己破産をすることにしました。
自己破産後、生活は多少変わりましたが会社の人にも理解してもらい、仕事もそのまま続けることができ、以前と変わらない日常生活を送ることができています。
本当に弁護士さんには感謝しています。

任意整理

どうにもならない状況に耐えかねて、弁護士の先生に相談をしたのは1年前の事でした。
職場での人間関係が上手くいかず、仕事を辞めなければなりませんでした。
その当時、人との付き合いが辛くなり、しばらくは1人でのんびり過ごすことにしました。
毎日家から出ずに携帯電話を使って友達と連絡をとったり、アプリをダウンロードしてゲームをしたりして過ごしていました。
今までは仕事で毎日忙しかったので、ゲームに興味を持つことはありませんでしたが、仕事を辞めて暇になったからか、携帯ゲームが楽しくなっていました。
そんな毎日の中で、ゲームの知識が乏しかった私は、課金というものをよく知らずによく利用していました。
課金は一回の値段はとても安いのですが、何度も繰り返しかなり大きな金額になってしまいました。それに気づいたのは、毎月送られてくる携帯電話の請求書を見たときでした。初めてみるその金額にとても驚きました。
最初の月は借入できる金融機関を探して何とか支払う事ができましたが、
仕事をしていない私にとって、この金額を支払っていくのは困難だと感じました。
しかし、ゲームを辞めることができず、高額の請求が毎月のように来るようになりました。
自分の欲求をコントロールできない自分に恥ずかしさを感じましたが、一向にやめることができませんでした。
気付けば借金は膨らみ、返済できるような金額ではなくなっていました。
その時初めて自分のしたことに気付き、目の前が真っ暗になりました。
その日から毎日借金のことが頭から離れず、弁護士の先生に相談することを決意しました。
弁護士の先生は親身になって話を聞いてくださり、任意整理という方法を提案してくれました。
以前から、任意整理という言葉は知っていましたが、内容はよく知らなかったので、丁寧に説明してもらい大変助かりました。

任意整理は先生に任せ、新しい仕事を見つけて働き始めました。
今回の件は、自分の生き方を自分自身で見つめ直す良い機会となりました。
弁護士の先生に相談をし、道しるべを示してもらって本当によかったと思います。

カードローン

平穏に暮らしていたある日、夫から告白されたのは多額のカードローンがあるという衝撃の内容でした。
私達は、数年前に念願のマイホームを購入し、夫の給料と私のパート代で何とか住宅ローンを返済していました。
しかし、家を購入したころから会社は業績不振に陥り給料が減額され、生活費を入れることで精一杯だったのです。
夫は自分のおこづかいが全く無く、仕事の付き合いや趣味で足りない分はカードローンで支払うようになったようです。私には言い辛かったようで、初めは少額を借入して返済していたようですが、そのうち返済によって生活費も捻出できなくなり、今では、数社の金融機関から借入があり、にっちもさっちも行かない状態のようです。その中には闇金のような金融機関もあり、隠し通せなくなり私に打ち明けたそうです。
何しろまだまだ子供に教育費がかかるし、住宅ローンを支払えなくなったら家を手放さなくてはいけないので、聞かされた時はかなりショックでした。
このままじゃ駄目だと思い、評判の良い法律事務所が相談だけなら無料と書いてあったので、相談することを決断しました。最悪の場合、自己破産しかないかと諦めていましたが、相談したところ、債務整理の中でマイホームを残すことができる個人再生という方法で債務整理ができると教えていただきました。債務整理に種類があるなんて今まで全く知りませんでしたし、専門家に相談して良かったと改めて感じました。主人には今後も継続した給料収入が見込めたので、この債務整理の方法が可能だったようです。
借金のことを悩んでいた主人も債務整理をすることによってスッキリし、夫婦で頑張り返済していく決意が固まりました。借金も5分の1ほどに減り、住宅ローンを支払いながら借金返済もすることができます。専門家にアドバイスをもらい本当によかったと夫婦で感謝しています。ありがとうございました。